<< 春に思う | main | お知らせと近況と >>

7月も最終週

2016.07.26 Tuesday
さいしゅうしゅう、噛みそう。
ちょっと気を抜くとアレですね、アレ、もう夏ですよ、
梅雨明け宣言まだだからセーフってそういうことじゃないっていう(すみません)

前回の日記から何してたかと言うと、旅に出ておりました、いろんな意味で。








大体はツイッターに載せてます、素晴らしきかな京都奈良。
一人旅でした、この歳で人生初。
友達いないのもここまでくると憐憫の眼差しが若干心地いいような

お一人様旅行のハードルが高いと言われる理由に一人で食事するのに困るというのがあるようですが
ナチュラルハイで行けばそこまで困ることもないなぁというのが今回の感想


元々そんなに食べる方ではないのでこの程度で済んでいるのと、おそば好き、おいしい

食事かどうかは怪しい10年越しの片思い達ここに成就

三条大橋のスタバ、念願の京都カードも手に入れてしまった、うれしい

そして鍵善良房の葛切り(白)、雨の中貸し切り状態という贅沢さ。嬉しさのあまりぶれる。

私の周囲の方々は皆口をそろえて奈良が好み(京都ももちろん素敵だけれども)と言い、
かくいう私も今回奈良の魅力にド嵌まりした一人なんですが笑
それでもというかやはりというか、時が経って今なお強烈に焦がれるのは京都

かみさまがこんなにも近くにいるような、大昔はどの土地にもそうしたところがあったのだろうかと。
寺社仏閣が他に類を見ない様に集まったこの土地はまた少し特別なのだろうけど、
それを護り近世にまで残してきたのは紛うことなくそこに住む人々の意志であり、
悠久の時の間、人から人へと伝えられてきたこの土地の記憶と人々の思いがその土地と混ざり合い、
今の京の街を作り上げているのかなぁと思うと、とてつもない愛おしさを感じます。
京都大好き



独りでは出来ないこと見えないこと、独りだから見えることわかること
どちらもそれぞれ重要な意味があって
どっちが良いだとか悪いだとか優劣をつける意味はなく、そもそもが比べる意味のないこと。
自分が必要と思うことをやる、それに対する責任を負う、誰のせいでもなく自身の選択。

普段当たり前のように口にしていることや言い聞かせるように思っている言葉達が、
行動によって姿を変えていくような、ぼやけていた輪郭がはっきりとしていくような感覚は
ちょっと癖になってしまうかもしれないなぁ
Calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others